ニュース一覧

「神奈川大学マレーシアデイズ」(インターナショナルウィーク2018)開催しましたHOME > ニュース一覧 > 2018.12.25

2018年12月18日(火)から20日(木)の3日間、湘南ひらつかキャンパスで「マレーシアデイズ」が開催されました。この催しは、神奈川大学インターナショナルウィーク事業の一環として開催されました。テーマは「マレーシアを通して文化の多様性を考える」マレーシアはマレー系、中国系、インド系をはじめとしたさまざまな民族から交際される多民族国家です。それぞれの民族が独自の文化や宗教、言語を堅持しつつも、多民族の異なった価値観や生活様式を許容しあう「寛容性」「多様性」がマレーシアの魅力です。
ファドリ・アディラ駐日マレーシア大使館臨時大使によるご講演「日本とマレーシアの関係」をはじめ、経営学部のBSAP(Business Study Abroad Program)でも深いつながりのあるAIMST大学ハチャラン・シン学長、マルチメディア大学(MMU)Melakaキャンパス経営学部タン・ペイキアン副学部長、他、BSAP帰国学生によるプレゼンテーション、と多彩な内容。アディラ大使が学生たちと気さくに写真を撮ってくださったのも良い記念になりました。3日間の充実したインベントを通して、マレーシアに対する理解を深めるための機会となりました。

ページの上部へ戻る

神奈川大学経営学部 国際経営学科

湘南ひらつかキャンパス

〒 259-1293 
神奈川県平塚市土屋2946
TEL. 0463-59-4111(代)