BSAPHOME > 何を学ぶ?どう学ぶ? > BSAP

神奈川大学経営学部は以前から学生の海外体験や海外語学研修を積極的に支援してきました。どんな業種、職種であれ、国際的な視野が不可欠となった現代、より高度な国際教育を実現するために、2013年度より画期的な留学プログラムBSAP を導入しました。

BSAP日記

BSAPパンフレット
ダウンロード

派遣先での修得単位を神奈川大学の卒業要件単位と認定

BSAP(Business Study Abroad Programme)は経営学部が提携する海外大学への派遣留学プログラムで、正規カリキュラムに組み込まれています。たとえば1年間留学した場合は40単位程度が取得単位として認定されるので、留学期間を含め4 年で卒業が可能です。

派遣先大学の授業料は神奈川大学経営学部が負担

派遣先大学の授業料は神奈川大学経営学部が負担します。原則として派遣先の大学寮に入り、渡航費、寮費、食費を含めた1年間の滞在生活費用は個人負担となります。(マレーシアの物価は日本の約1/3といわれています。)

※ BSAP 参加には語学力、学業成績、面接などの学内審査があり、合格した学生が参加できます。

安全、安心を確保し、英語で経営学を学ぶ

BSAP は単なる語学研修ではなく、英語で経営学を学ぶことを目的としています。
派遣先は親日国家であり、穏やかな国民性と多民族国家ならではの国際性を誇るマレーシア。グローバルな人材が各国から集まるマレーシアでアジア新興国のダイナミズムを肌で感じ、国際感覚を修得し、長期的なキャリア形成を支援します。多国籍の教員や学生が共通語としての英語を用いて努力しながら交流する大学キャンパスはグローバル人材に必須の資質である国際感覚を養うために最良の場といえます。学生寮での生活は、真の意味で異文化を理解するチャンスになるでしょう。緊急時には日本語での対応もあり安心です。

派遣先大学一覧

AIMST UNIVERSITY

AIMST UNIVERSITY

医学・歯学部も兼ね備えた総合大学です。郊外にあるため生活費が比較的安く、マレーシアの伝統的な文化も数多く残る安全な環境で勉強ができます。またインターンシップの機会も提供されます。

ASIA PACIFIC UNIVERSITY OF TECHNOLOGY & INNOVATION

ASIA PACIFIC UNIVERSITY OF TECHNOLOGY & INNOVQTION

経営学に力を入れており、世界90カ国以上から約5千名の留学生が在席しています。マレーシアの総理大臣省や数々の賞を受賞している大学です。

MULTIMEDIA UNIVERSITY

MULTIMEDIA UNIVERSITY

学生数約2万人、マレーシアで一番古い私立大学です。クアラルンプールとムラカにキャンパスがあり、クアラルンプールのキャンパスは新しく、最新世悦日を備えています。世界77カ国から留学生が集い勉強しています。

なぜ今マレーシアなのか?

ビジネス、教育、観光など様々な観点で注目されているマレーシア。
マレーシア政府観光局の映像資料やマレーシア政府観光局マーケティング・マネージャー徳永氏によるBSAP事前説明会の様子はこちらから。

ページの上部へ戻る

神奈川大学経営学部 国際経営学科

湘南ひらつかキャンパス

〒 259-1293 
神奈川県平塚市土屋2946
TEL. 0463-59-4111(代)