キャリアショップシステムHOME > 何を学ぶ?どう学ぶ? > キャリアショップシステム

業種、職種、働き方など、卒業後の希望はますます多様化しています。

異なるキャリアイメージに柔軟に対応し、それを実現するために必要な科目を効率的に履修するカリキュラム、それがキャリアショップシステムです。

学びのシミュレーション あなたにお薦めの学び方は?

個々の「学びたい」を実現する15の専門ショップ

1つの学科に在籍する学生全員が同じ内容を「学びたい」でしょうか? ビジネスの多様化によってキャリアも多様化した現代。学生の数だけ「学びたい」があるはずです。しかし、何も制限を設けずに好きな科目だけを履修すると「楽をしたい」になりがちで本来学ぶべき専門性が欠けてしまう可能性があります。そこで、本学部では独自の「キャリアショップシステム」で学びの自由度を高めながら専門性の確保を実現しました。

ショップとは専門科目の科目群です。15の専門ショップがあり、各ショップには9 ~ 12の専門科目が配置されています。キャリアショップシステムとは各学生が考える「なりたい自分」(キャリアプラン)に合わせて、ショッピングをするようにショップを自由に組み合わせて学修する仕組みです。各ショップでは6 科目以上もしくは3 科目以上の単位取得が求められます。自分の将来をしっかり考え、自分だけのショップの組み合わせを設計しましょう。

15の専門ショップ

※各ショップには、9~12 の専門科目が配置されています。
※各ショップの図をクリックすると説明が表示されます マネジメントベーシック 経済学ファイナンス 英語で学ぶ経営学 国際ビジネス オペレーションズマネジメント ヘルスケアマネジメント スポーツマネジメント 公共・地域マネジメント マネジメントアドバンス 国際社会と異文化理解 会計アドバンス 情報とメディア 会計ベーシック 国際地域 現代社会の教養

神奈川大学 経営学部独自の学びのスタイルです

大学の一般的なカリキュラム 

学部内の学科やコースごとに必修や選択必修など、履修科目が決まっていて、学科やコースが同じ学生は、ほぼ同じ内容を学びます。 レストランでコース料理を注文するようなスタイルです。
○△学部のカリキュラム

神奈川大学経営学部 学びの新スタイル

必修科目は最小限にとどめ、15の専門ショップ(科目群)の中から、自分の将来を考えながら、興味のあるショップを組み合わせて学びます。 たとえるなら、ブッフェスタイルのレストランです。

経営学部のキャリアショップシステム

キャリアショップシステムの特徴

基本ルール

  1. 卒業に必要な124単位中70単位をキャリアショップシステムで取得します。(インターンシップなど体験型学修科目を履修した場合や語学の追加履修をした場合は70単位より少なくなります。)
  2. 6科目以上単位取得したショップをメインショップと認定します。
  3. 3~5科目単位取得したショップをサブショップと認定します。
  4. サブショップの数はメインショップの数を超えてはいけません。
    (専門性を確保するため)

専門性と柔軟性を両立

  • 学科やコースに縛られず、将来の様々な可能性に対応できる十人十色の学びのスタイルです。
  • 各ショップは関連が深い専門科目がまとめて配置されており、そのショップ内の科目をまとめて学ぶことで関連分野の専門性を高めることができます。
  • 途中でサブショップで勉強していた分野に大きな興味を抱けば、そのショップ内で6科目以上履修することでメインショップに変更したり、メインショップと考えていたショップの科目数を減らし、サブショップにするなど、将来のビジョンが変われば、学び方を変えることも可能です。

メインとサブ

自分の専門の柱にしたいショップ

メインショップ

多少の知識、スキルが欲しいショップ

サブショップ

ショップの組み合わせは自由

ページの上部へ戻る

神奈川大学経営学部 国際経営学科

湘南ひらつかキャンパス

〒 259-1293 
神奈川県平塚市土屋2946
TEL. 0463-59-4111(代)