体験型学修科目HOME > 何を学ぶ?どう学ぶ? > 体験型学修科目

短期インターンシップ

4月~7月の大学での事前学習を経て、8月~9月に約2週間の就業体験を行います。実際の職場で指導を受けて、業務と組織に対する理解を深めることで、大学での学びの意味を再発見することにつながります。また職業人とのコミュニケーションも、大学では得られない貴重な体験となります。

長期インターンシップ

大学での事前学習と、約6ヶ月間のインターンシップを組み合わせた、1年間のプログラムです。企業・団体の一員としての意識を持ち、実際の仕事の一部に取り組みます。壁にぶつかり、それを乗り越える体験によって、長期インターンシップならではの成長が期待できます。

海外インターンシップ

4月~7月の大学での事前学習を経て、8月~9月に約1ヵ月間のインターンシップを行います。これまでに、多くの学生がアメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、インドなどで実習に取り組み、異文化と仕事を同時に体験しています。

地域プロジェクト実習

地域の企業・団体との共同プロジェクトを実施するプログラムです。約8か月間にわたり、実習生がチームを作って販売促進、マーケティング、営業、製品開発などの活動に取り組みます。学生ならではのアイディアが活かせるとともに、実習生にとってはチームワークを学ぶ絶好の機会になります。

体験学修チャレンジ

企業・団体による体験型プログラムへの参加に対して、単位を認める科目です。ボランティア活動、地域活性化の取り組み、スポーツ・文化活動など、社会人との共同によるもので、経営学部の学修にふさわしいプログラムであれば、その学修成果を積極的に認めていきます。

体験型学修科目 受入機関(2016年度)

アイデム、相原公認会計士事務所、厚木市体育協会、アルプス技研、安藤建設、インテグラス、NKS能力開発センター、小田原市立山王小学校、神奈川新聞社、神奈川中央交通、紀伊國屋書店、教育ネット、近畿日本ツーリスト神奈川、サイマコーポレーション、さがみはら産業創造センター、CFSコーポレーション、湘南ケーブルネットワーク、湘南市民メディアネットワーク、湘南平塚コミュニティ放送、スリーハイ、総合企画エクセルシオ、ソフトバンク コマース&サービス、ゾーホージャパン、大観荘、タウンニュース社、タカネ電機、龍屋物産、中南信用金庫、日産車体、ネオ・エモーション、パルシステム神奈川ゆめコープ、日の出製作所、平塚市役所、平塚商工会議所、平塚信用金庫、モリ・ワールド、横浜市資源リサイクル事業協同組合、横浜農業協同組合、りそな銀行、レモンホーム (五十音順)

海外インターンシップ 主な受入機関

アメリカ・シアトル(H.I.S. INTERNATIONAL TOURS INC.、The Museum of Flight、YMCA)、アメリカ・ロスアンゼルス(KW Total Business Services、Oriental Breeze、Southern Coast International Corp、TTA, Inc.、United Television Broadcasting Systems)、カナダ・バンクーバー(Montessori Daycare Society、The Anchor Eatery、Waves Coffee House)、オーストラリア・ブリスベン(Brisbane Marriott Hotel、HUCKLEBERRY AUSTRALIA PTY LTD)、オーストラリア・メルボルン(Conservation Volunteers in Australia、H.I.S. Australia Pty Ltd、Novotel Melbourne on Collins、South Oakleigh College)、インド・プネ(Door Step School、Sustainability Initiatives)、台湾・台北(JTB台湾、台湾味の素、菁英國際文教事業有限公司)、ベトナム・ハノイ(Exper Trans Global Company)、ベトナム・ホーチミン(グミベトナム、Viet Economic Research & Advisory Corp. )

参加者の感想

「はたらく」とは

私は夏休みの期間にパルシステム神奈川ゆめコープさんのインターンシップに参加させていただきました。
インターンシップに参加したことで、大きく分けて2つの研究課題に取り組むことができました。

1つ目は生活協同組合について理解し、仕事内容を知るということです。この課題は、実際に業務体験をすることで学ぶことができました。 2つ目の仕事に対する姿勢を学ぶということについては職員の方に直接質問することや、お話を聞くことで学ぶことができました。「はたらく」とはどういうことなのか。人それぞれ考え方は違うと思います。しかし皆さんがおっしゃっていた中で、共通していた言葉が「責任」や「使命感」でした。この言葉を聞いて私は「はたらく」ということは責任が非常に大切になるのだと思いました。「組合員さんが待っていてくれているから商品をお届けしたい。」「期待を裏切りたくない。」こういった思いが仕事をするうえで大切なのだと感じました。

今回インターンシップに参加させていただいたことで、仕事とは何かを学ぶ良いきっかけになりました。私は仕事とは自分のためにするものだと思っていましたが、それは間違いでした。もちろん自分のためでもありますが、一番は人のためであるということです。このことはインターンシップに参加しなければわからなかったことだと思います。

短い期間ではありましたが、非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。この経験を大切にし、今後の自分に活かしていきたいです。

宮下辰也さん
経営学部国際経営学科
宮下辰也さん
パルシステム神奈川ゆめコープにて実習

ページの上部へ戻る

神奈川大学経営学部 国際経営学科

湘南ひらつかキャンパス

〒 259-1293 
神奈川県平塚市土屋2946
TEL. 0463-59-4111(代)