ホーム

経営学部の強み5 ─ 実践的な学びの場~学内外コンテスト~

経営学部のポイント

実践的な学びの場
~学内外コンテスト~

自らの学びと実社会とをつなぐ、多彩な体験プログラム。
インターゼミナール大会やビジネスプランコンテスト等、
学内外のイベントに参加することで学修の成果を発揮。
体験的な学びで、学生の自発的な成長をサポートします。

インターゼミナール大会

ゼミ内でグループに分かれてテーマを決め、テーマに沿った研究・プレゼンテーションを行い、その成果を学部教員が審査するインターゼミナール大会。毎年、熱い戦いが繰り広げられています。

ゼミ対抗
プレゼンテーション

大会の様子
大会の様子
2020/21年度はオンラインで開催
2020/21年度はオンラインで開催

ビジネスプランコンテスト

グループごとに考えた新規事業企画をプレゼンテーション。審査員には本学教員のほか、本学と包括協定を締結している平塚信用金庫の方も招き、プロの目による査定が行われます。緊張感の中にも充実感が溢れる大会です。

新規事業を
グループで企画

真剣な質疑応答
真剣な質疑応答
緊張感溢れる発表の様子
緊張感溢れる発表の様子

外国語スピーチ大会

学修したさまざまな外国語でのスピーチを競うコンテスト。日本人学生による英語スピーチのみならず、外国人留学生による日本語でのスピーチや、大学入学後に初めて学んだ英語以外の外国語を駆使したスピーチもあり、学んだ外国語を実践的に活用するためのチャレンジとして、学修成果を示す絶好の機会を提供しています。

学んだ外国語で
スピーチに挑戦

表彰式での参加者たち
表彰式での参加者たち
留学生のスピーチ
留学生のスピーチ

応募言語

英語 フランス語 ドイツ語 スペイン語 中国語 韓国語 ロシア語 日本語

学生と市民が交流しながらクリエイティブな思考力を養う。

ファブラボ

モノづくりを通じた地域交流が盛んに行われているファブラボ。
ここで生まれたモノがコンテストで受賞したケースも。

ファブラボとは、デジタルからアナログまで、さまざまな工作機械を備えた実験的な市民工房のネットワークです。世界には2,000以上のファブラボが存在し、現在も増え続けています。日本で初めて大学内に設置されたのが、本学のファブラボ。3Dプリンター等を備えたモノづくり工房を一般開放し学生と市民が交流しながらクリエイティブな思考力を養っています。

ファブラボ

経営学部のポイント

Support 支援体制 Support 支援体制